四角い日記

暇を持て余した大学生のブログ

MsCUBE Ms3L レビュー:GANに追いつけ追い越せ!

f:id:cubing_yuking:20211030140250j:plain

今回はMsCUBEのMs3Lをレビューしていこうと思います。このMsCUBEというメーカーですが、GAN356XSを設計したデザイナーさんが独立して立ち上げたメーカーらしいですよ。

そういった意味でサブタイトルを「GANに追いつけ追い越せ!」としてみました笑

Ms3LはMsCUBEの2作目のキューブとなっています。1作目のMs3-V1はあまり良い評判を聞かなかったのですが、今作は進化しているそうなので少し期待できそうです!

store.tribox.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キューブの詳細

f:id:cubing_yuking:20211030140255j:plain

サイズは56mm、重量は約77g、値段はTORIBOストアで2900円です。ミドルレンジのキューブですね。

最近のキューブは表面の加工がマットな感じにされていることが多いですが、このキューブは一昔前によくあったツルツルした感じです。やっぱり僕はこれが好きですね。

色見は若干薄めです。特に緑とか顕著ですね。

f:id:cubing_yuking:20211030140850p:plain

全体的にGANの面影があるキューブなのですが、実はほかのキューブにはない特徴を備えています。それは磁石の搭載位置です。従来の位置に加えてパーツの足の部分にも磁石を搭載しているのです。

その辺も詳しく見てみましょう。

 

 

内容物

f:id:cubing_yuking:20211030140447j:plain

キューブ本体、スタンド、セッティング用の替えのパーツ、パンフレットとなっています。

 

 

パーツの形状

大まかなパーツの形状は356XS以前のGANのキューブによく似ています。

f:id:cubing_yuking:20211030180411p:plain

 

気になるところといえば全体的に蜘蛛の巣のような溝が彫られているということです。

f:id:cubing_yuking:20211030141148j:plain

ここまで大胆に溝が彫られているキューブというは珍しいですね。

内部パーツの表面に溝が彫ってあるのは最近ではスタンダードですが、これは潤滑剤を長持ちさせる効果があるみたいですよ。

 

マグネット

f:id:cubing_yuking:20211030175254p:plain

写真を見ていただけるとわかるようにパーツの足に磁石が取り付けられていますね。

コアマグネットではないけどそれに近い効果をもたらす構造を追求した結果がこの特徴的な構造なのだと思います。

もちろん従来の位置にも取り付けられていますよ。

磁石によるアシストがどれくらい効くのかあとで試してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調整

このキューブは3種類のバネのパーツが付属していて、それぞれ2段階にセンターの可動域を調整することができます。キューブの軸ごと交換する珍しいタイプです。

f:id:cubing_yuking:20211030141645p:plain

 

調整方法についてですが、少しややこしいので軽く説明します。

f:id:cubing_yuking:20211030184519p:plain

このセンターのパーツを押し込みながら時計回りに180度回すときつくなり、反時計回りに180度回すとゆるくなります。

そして90度回したところでも引っかかるのですが、ここはセンターのパーツを取り外すための部分で、そのままキューブを回してしまうとバラバラになってしまうので気を付けましょう。

 

 

潤滑剤

開封した直後はべたべたする感じの潤滑剤がかなり多めについているので、しっかりふき取って別の潤滑剤を差したほうがいいと思います。

ちなみに完全に潤滑剤を落としたい人向けにおすすめの方法なのですが、使わなくなった歯ブラシと中性洗剤でパーツの表面を軽くシャコシャコしてゆすいでしっかり乾燥させるとかなりきれいに落とすことができます。

実際に僕もMs3Lにもともとついてる潤滑剤はあまり好みではなかったので、この方法で落として別の潤滑剤を入れました笑

僕が使ったのはDNM-37とLubicle Speedyです。いつもの組み合わせですね。

 

 

回してみて

f:id:cubing_yuking:20211030141849p:plain

回転の感触はカポカポする感じです。あまり似てる感触のキューブがないので言い表すのが難しいのですが、強いて言うならMGC eliteに似ているような気がします。

パーツにかなり溝が彫られていてパーツ同士の接触面が少ないからか、かなり軽く回ります。しかし安定性に欠けるかなという印象を受けました。一番きついセッティングを試してみたのですが、それでも少しふにゃふにゃするかなという感じです。

コーナーカットやポップ耐性は申し分ないです。このへんはGANの技術をそのまま継承していますね。

磁石のアシストについてですが、若干アシストの幅が広い気がするかな?といった程度でGANのコアマグネットほど強いアシストではなかったです。

一つめちゃめちゃ気になったのはソルブ中にセンターキャップがよく外れるんですよね。確か大会ではソルブ中に2つ以上外れると失格だった気がするのでちょっと心配です。

とはいっても100ソルブくらいしましたが、メインで使っているキューブとそこまで差がなかったので、それなりに良いキューブだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総評

ミドルレンジのキューブで価格相応かなという性能でした。

ですが、溝の掘り方だったり磁石の配置の仕方だったりほかのメーカーがやっていないことをやっているのでなかなか挑戦的なキューブだなと思いました。なにより、カポカポする回転の感触が個人的には結構好きです。

最近できたメーカーですが1作目より進化しているので今後に期待といったところです。

 

 

おわりに

いやー、なかなか面白いキューブでしたね。

このふにゃふにゃする感じを何とかして、調整の幅を広げて、磁力の調節機能も取り入れれば全然GANやMoYuとかと戦えるキューブになると思います。

個人的にはすごい好きなキューブなので頑張ってほしいです。

 

というわけでMs3Lのレビューでした。

 

またね。

store.tribox.com