四角い日記

暇を持て余した大学生のブログ

GAN mini M Pro レビュー:53mmという新たな選択肢

f:id:cubing_yuking:20211002202552j:plain

みなさんこんにちは。TORIBOアンバサダーのyukiです。

突然ですが、皆さんはキューブのサイズはどれが一番好みですか?
56mm、55.5mm、55mmあたりがメジャーなサイズですよね。最近は54mmなんかもあったりします。

そして新たに53㎜キューブがGANから発売されました!

というわけで今回はGAN mini M Proのレビューをしていこうと思います。

store.tribox.com

 

 

 

キューブの詳細

サイズは53mm、重量は驚異の54gです。11Mproが63gなのでだいぶ軽くなっていますよね。この軽さにもかかわらずGANおなじみのコアマグネット搭載かつ磁力の調整ももちろんできるようになっています。さらにバネの調節はGES Pro+という新しい機構になってます。キューブの表面はかなりマットです。価格はTORIBOストアで6300円。高いね。

 

 

内容物

f:id:cubing_yuking:20211002202803j:plain

キューブ本体、ケース、調整具、ポーチ、取説などです。

この白いケースには替えの磁石の棒とバネの調整用のツールが入っています。

f:id:cubing_yuking:20211002202807p:plain

 

GANのおなじみのポーチはデザインが新しくなっています。以前よりも濃い青でシンプルな感じになりました。

 

f:id:cubing_yuking:20211002202805j:plain

 

 

 

性能

53mmキューブとはいえGANの本気を感じるキューブです。フラッグシップのキューブに勝るとも劣らず、全く妥協されていない性能なのが回していてわかります。箱から出してすぐメインとして使えるほどよくできています。本当に11Mproをそのまま小さくした感じですね。

ですがやはり手が大きい方には向かないかもしれないですね。僕も別に手が小さいわけではないのでサイズ的に回しづらさはありました。

回転の感触ですが、11Mproよりもバシバシまわる感じです。結構うるさいです。
ソルブの様子はこちら↓

 

しばらく53mmキューブを使ってから56mmキューブに戻るとめちゃくちゃ大きく感じます笑

ちなみに一部パーツの形状が今年のGANのフラッグシップのGAN12と同様の形状になっているらしいですよ。

 

 

 

パーツの形状

基本的に11Mproと形状は同じですが、それぞれ微妙に異なる部分があるのでそれぞれ紹介します。


まずセンターをコーナー足の部分を貫通するように穴があけられています。

f:id:cubing_yuking:20211002202747p:plain

接地面積を減らすか重量を削るためだと思われます。

 

そしてもう一つ表面の溝の形状が変更されています。

f:id:cubing_yuking:20211002202757p:plain

パーツの動きに沿うような形状で新たな溝になっていますね。

 

最後にエッジですが、図の部分が少し太くなっています。

f:id:cubing_yuking:20211002202816p:plain

 

 

 

GES Pro+

f:id:cubing_yuking:20211002202811p:plain

GESはデザインが一新されてセンターの可動域の調整がパーツを交換しなくても4段階に調整できるようになりました。しかしバネのテンションの調整は2段階減って4段階になりました。

センターの可動域のセッティングは番号が書いてあるのでわかりやすいのですが、バネのテンションのほうは印字とかなくて手の感覚だけで調整しないといけないので少しわかりにくいですね。
ちなみに僕は青いパーツは3、バネは一番緩いところから一段階絞めたところにしてます。

 

少し余談ですが、もうすぐ発売されるGAN12には、mini M Proと同じGES Pro+が搭載されているLeapと、バネの代わりに磁石を用いたMagnetic GESを搭載しているMaglevという2種類が発売されるそうなんです。で、Magnetic GESは磁石の反発具合もセンターの可動域もそれぞれ6段階の調整ができるようになっています。つまりGES Pro+で調整幅をそれぞれ4段階に減らしたのはGES Maglevとの差別化を図りたかったのかもしれませんね。その分Leapは少し安くなるらしいですよ。

GAN12 Leapを実際に触ってみて気づいたのですがGES Pro+はセンターの可動域もバネの反発具合もそれぞれ6段階に調節できるようになってました笑。

 

コアマグネット

f:id:cubing_yuking:20211002202823p:plain

コアマグネットは11Mproと特に変わりはないです。計6段階の磁力の調整ができるようになっています。その辺の詳しい説明は僕の11Mproのレビューに書いてあるので気になる方はそちらを読んでみてください。

cubing-yuking.com


 

 

まとめ

以上でーす。

さすがGANという感じで今回のキューブもとてつもなく完成度の高いものを出してきましたね。小さいお子さんや女性の方や手の小さい方などにはめちゃくちゃお勧めできるキューブです。OHにもかなり向いてると思います。値段高いけど・・・
これを機に53mmキューブのバリエーションも増えるといいですね。

そういえば今回潤滑剤については書きませんでしたね。僕はいつも通りLubicle speedyを使っています。GANは最初からそれなりに良い潤滑剤をつけてくれているので開封そのままでも全然十分です。好みに合わせて好きな潤滑剤を使うといいと思いますよ。

そして近々待望のGAN12が発売されますね!
そちらもレビューすると思うのでお楽しみに~

では!

ノシ

store.tribox.com